短期融資の書き換えと連帯保証

ホーム銀行融資と保証人>短期融資の書き換えと連帯保証

質問
11年前、弟の会社の銀行融資300万円にたいして、保証協会に保証書を差し入れ、保証人になりましたが、短期融資のため、書き換えで何度か署名しましたが、5年前、銀行から もう保証人は不要 として、保証人署名はしておりません。
この場合、保証人署名のない融資がある場合、保証協会への保証書は生きているのでしょうか?





回答
貴殿はすでに連帯保証人から外れています。
現在の融資の契約時に貴殿が連帯保証人として署名・捺印をしていなければ、過去に連帯保証人になっていたかどうかは関係ありません。
貴殿が連帯保証人になっていた過去の融資は書き換えにより「完済」された扱いになっています。
連帯保証の対象であった融資が完済されているのですから、そもそも保証するものがありません。
ご安心ください。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

◆売掛金を利用した事業資金調達
赤字決算などの理由で銀行融資がスムーズに受けられず資金調達に困った場合には、ファクタリング、つまり売掛債権の譲渡による資金調達方法があります。 これは大手企業でも取扱をしている方法であり一般的な資金調達手法です。
事業資金調達なら【ジャパンマネジメント】

トップ・マネジメントのファクタリングでつなぎ資金調達