短期融資の書き換えと連帯保証

ホーム銀行融資と保証人>短期融資の書き換えと連帯保証

質問
11年前、弟の会社の銀行融資300万円にたいして、保証協会に保証書を差し入れ、保証人になりましたが、短期融資のため、書き換えで何度か署名しましたが、5年前、銀行から もう保証人は不要 として、保証人署名はしておりません。
この場合、保証人署名のない融資がある場合、保証協会への保証書は生きているのでしょうか?

回答
貴殿はすでに連帯保証人から外れています。
現在の融資の契約時に貴殿が連帯保証人として署名・捺印をしていなければ、過去に連帯保証人になっていたかどうかは関係ありません。
貴殿が連帯保証人になっていた過去の融資は書き換えにより「完済」された扱いになっています。
連帯保証の対象であった融資が完済されているのですから、そもそも保証するものがありません。
ご安心ください。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。