銀行融資の基本

手形貸付の仕組みをわかりやすく教えてください

ホーム銀行融資の基礎>手形貸付の仕組みをわかりやすく教えてください

手形貸付の仕組みと流れは以下の通りです。
1.金額・振出日・支払期日を記入した手形を銀行に振り出す
2.振出日に銀行から融資が実行される
3.支払期日に銀行に返済する

以上が手形貸付の基本的な仕組みと流れになります。
手形は通常、銀行が用意してくれます。
その手形に金額、つまり融資金額を記入します。
銀行によってはあらかじめ金額を入力しているものもあります。
次に振出日欄に融資実行日を記入し、支払期日欄に融資返済日を記入します。
これだけです。
なお手形の金額に応じて印紙税の納付が必要となります。

手形貸付は主に運転資金や賞与資金、納税資金など短期の融資に多く用いられています。



管理者選定:中小企業・事業者向け資金調達

ビジネクスト
大手資本が入り歴史が古いビジネスローンの代表的な商品です。

事業資金ならキャレント
ネットで全て完結する500万円までの資金調達商品です。

【GMO BtoB 早払い(ファクタリング)】
借入ではなく売掛金の売却による資金調達です。東証一部上場企業が運営しており安心です。

-銀行融資の基本
-,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.