銀行融資は担保があるから行うわけではありません

ホーム銀行融資の交渉>銀行融資は担保があるから行うわけではありません

いわゆるバブル経済期においては銀行は融資先の業績如何に関わらず、単純に担保があるかどうかだけで融資判断を行っている時期がありました。
融資先が赤字続きで決算が債務超過であっても、融資がカバーされる不動産担保などがあれば、どんどん融資を実行していました。
しかし今はそのようなことはありません。
まずは融資先の事業内容および決算状況は判断の第一です。
銀行融資の返済は原則として融資先の事業から得られる収入によって行われるべきものです。
それが困難であれば、原則として銀行は融資を実行しません。
事業が赤字続きでとても事業収入から返済が困難と考えられれば、どれだけ十分な担保があっても銀行は融資を行いません。
初めから担保処分によって融資を回収するという考え方はないのです。
担保はあくまでも万が一の時の融資の回収手段です。
はじめから担保での回収を前提とした融資判断はありません。

日々のお客さんとの会話のなかで「担保があるから貸せるでしょ」といったやり取りが今でもありますが、そうではなく資金使途や業績状況等での融資判断がまず第一であって、担保の有無は判断の最後に参考程度の材料になるだけです。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。