父の代位弁済が原因でしょうか?

ホーム信用保証協会保証付融資の代位弁済>父の代位弁済が原因でしょうか?

質問
公庫より不動産担保で3000万円の融資を受け父より事業の譲渡を受け法人成り致しました。
現在五期目ですが、三期目の時に信用保証協会付きで運転資金三百万円の融資をお願いしたのですが断られました。
私や会社には問題ないと協会側の方は仰られたのですが、父が問題で保証協会に代位弁済をさせた過去が引っかかり融資できないとのお話でした。
父は譲渡した事業の他に、有限会社で会長として伯父や従兄弟に経営を一任していたようなのですが、結果は有限会社の破産でした。
この場合、父の代位弁済についての支払いが終わるまで保証協会の保証は難しいでしょうか?





回答
残念ですが理由はやはりお父様ですね。
信用保証協会としては代位弁済をし求償債権を持っているお父様に対して、直接的あるいは間接的に金銭面の支援をしていると推測出来る貴殿の主宰会社に対して新規の保証は出来ないというスタンスなのです。
過去に管理者が担当していた飲食店の会社において、やはりその社長のお父様が信用保証協会から代位弁済を受けていた事例がありました。
この時は、この息子さんである社長が代位弁済分を支払ったことで、その後信用保証協会の保証が受けられたということがありました。

お父様の代位弁済の件が解決するまでは新規の保証は困難だと考えられます。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%