預金平残

ホーム銀行融資審査マンの心理>預金平残

融資判断の拠り所の大きな項目の1つとして預金平残があります。
もちろん自行の預金口座の平残です。
融資判断の基本は決算書による財務分析が中心ですが、決算書の数字だけで融資判断に迷う場合に、自行預金の平残が大きな判断材料となります。
例えば決算書の内容が必ずしも良好とは言えない場合、例えば赤字であったり黒字であっても利益が少額である場合、また借入水準が既に高い場合には、融資をしても大丈夫かどうか正直、判断に迷います。
そんな時に自行預金平残が相応にある場合には、安心材料として融資判断にプラスに働きます。
逆に自行預金平残がほとんどゼロに近い場合には、融資判断はマイナスに働きます。





さらに預金口座を売上の入金口座として利用している場合には、プラス度がさらに高くなります。
融資を受けている銀行にはあまり預金を置いておきたくないという心理も理解は出来ますが、円滑な資金調達を受けることが必要であれば、相応の預金を置いておくことがいざという時に助けとなります。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

◆売掛金を利用した事業資金調達
赤字決算などの理由で銀行融資がスムーズに受けられず資金調達に困った場合には、ファクタリング、つまり売掛債権の譲渡による資金調達方法があります。 これは大手企業でも取扱をしている方法であり一般的な資金調達手法です。
事業資金調達なら【ジャパンマネジメント】

トップ・マネジメントのファクタリングでつなぎ資金調達