飲食業の運転資金融資申し込み方法

ホーム業種別の銀行融資>飲食業の運転資金融資申し込み方法

飲食業は運転資金が不要なな業種であると銀行は見ています。
なぜなら人件費を中心にして食材費や光熱費など経費負担はありますが、一方で売上金は原則として現金回収であるため、資金の立替が発生しません。
そのため銀行は飲食業は運転資金が不要であると考えているのです。

運転資金が不要にも関わらず資金が必要だということは店舗の改装など設備要因を除けば、多くの場合赤字の補填です。
業績が赤字であるために資金不足となり、そのため資金繰りを維持するために銀行融資が必要となるのです。
したがって飲食業から運転資金の融資申し込みを受けた場合には、銀行はシビアな姿勢で臨みますから、まずこのことを頭に入れておくことが大切です。
ではどのようにして銀行に融資を申し込めば良いのでしょうか。





まず申し込む銀行ですが日頃、接触が薄い銀行に申し込むのではなく売上金を入金している銀行や主力銀行など取引が深い銀行に申し込むようにしましょう。
取引が薄い銀行に申し込みを行っても、「主力銀行さんには相談されましたか?」などと親身な対応は期待出来ません。
主力銀行は融資先の事業を資金繰り面から支えるという役割を負っていますから、無碍な対応は出来ないからです。
その上ですが、絶対に必要な資料として今後の業績をどのように改善していくのか、その具体的な計画の提示が必要です。
メニューの改定による客足の増加や客単価の上昇、給料削減や無駄の徹底排除による経費圧縮などが代表的な業務改善の項目になると思います。
いくら主力銀行と言えども、赤字が今後の続くということであればやはり融資は支援しづらくなります。
具体的な計画の下、業績の改善が見込めると考えて初めて融資の検討の手順になります。
ですから実現可能な具体的な計画の提示が不可欠なのです。
実現不可能なバラ色の計画書ではだめです。
そして今回の融資にて当面の資金繰りは確保出来るということが見えれば、銀行が融資に応じる可能性は高まります。

一方で赤字ではないものの、運転資金が必要なケースとしては従業員を新規に採用するとか、広告を大きく行うなどが考えられます。
このような場合には銀行は飲食業と言えども、運転資金に柔軟に対応する可能性がありますから、このような費用負担が発生する際には銀行に相談するのが良いかもしれません。





◆事業資金のご案内

ビジネスローン
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%