融資取引だけでは長続きしない


ホーム銀行とのつきあい方>融資取引だけでは長続きしない

銀行と言うところは融資業務の他に、預金取引や為替、外為取引を主要な業務としています。
ところで融資がある取引先の中にはこの融資取引しかないところが実は少なくありません。
融資の新規先の獲得を図るために、採算度外視で融資獲得に走った過去の経緯が関係あるかもしれません。
また今でも銀行は融資の新規先を求めていますから、融資取引のきっかけとして当面は融資取引だけにとどまってしまうことを承知の上で、他の銀行よりも低金利で融資を獲得する側面があります。
このような経緯もあって銀行の取引先のなかには取引開始から時間が経過しても融資取引以外の取引が発展していないところが少なくありません。

しかし銀行も収益を追い求める株式会社です。
融資取引のみで十分な収益を上げるには相当高い金利水準にしないと達成出来ません。
ところが他の銀行との競争もあり、高い金利では融資を獲得することが出来ません。
そうすると十分な収益が見込めない低金利で融資を結果として継続してしまうことになります。
この融資取引だけでは獲得出来ない収益を補填する役割が預金取引や為替取引、外為取引ということになります。
取引開始時から一定の期間は融資取引だけであっても、その後に預金取引や為替取引などを銀行がお願いするのはこのような側面があるのです。

取引開始から相当な期間が経っているにも関わらず、融資以外の取引が獲得出来ない場合、低採算先として取引の縮小を銀行は考えるようになります。
したがって「この銀行とは長くつきあいをしてもいいかな」と思える取引銀行には融資取引以外の取引も行うことが銀行との賢いつきあい方です。
融資以外の取引がある取引先には仮に業績が悪くなっても、一定の資金繰り支援などを行うものです。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト