担保があれば金利は低くなる

ホーム銀行融資の基礎>担保があれば金利は低くなる

銀行融資の金利は貸倒リスクに対する対価の側面を持っています。
財務内容が良好な会社と毎期赤字が続いている会社を比較した場合、どちらが銀行融資の貸倒リスクが高いかと言えば、当然毎期赤字が続いている会社となります。
貸倒リスクが高い会社に低い金利で貸すとすると銀行の採算は合いません。
高い金利で融資をしないと採算が取れません。
逆に貸倒リスクが低い会社に対しては、他の銀行よりも低い金利を提示して積極的に融資提案を行っています。





ただ借りる会社側から見ると高い金利の場合、借入金が多いと年間に支払う利息は決してばかにはなりません。
何とかがんばって黒字を稼ぎ出したとしても、銀行に支払う利息が多くて赤字になってしまったという会社は少なくないのです。

ではどうすれば金利を下げることが出来るのでしょうか。
さきほど金利は貸倒リスクに対する対価だと申し上げました。
したがって財務内容を良くすれば金利は下がっていくことになります。
しかし財務内容を良くするといっても、容易にかつ短時間に実現することは出来ません。
どれだけ時間がかかるかは不明です。
一方ですぐに金利の引き下げる方法があります。
それは担保です。
銀行としては担保があればいざという時にはその担保の処分にて融資資金を回収することが出来ます。
つまり貸倒リスクが低下するわけです。
金利は貸倒リスクに対する対価だと申し上げました。
貸倒リスクが低下すれば、その対価である金利を引き下げる力となるのです。
不動産など担保資産があれば、それを銀行に担保提供することで金利を引き下げる効果を引き出すことが可能となります。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

◆売掛金を利用した事業資金調達
赤字決算などの理由で銀行融資がスムーズに受けられず資金調達に困った場合には、ファクタリング、つまり売掛債権の譲渡による資金調達方法があります。 これは大手企業でも取扱をしている方法であり一般的な資金調達手法です。
事業資金調達なら【ジャパンマネジメント】

トップ・マネジメントのファクタリングでつなぎ資金調達