事業計画より足許の実績を重視

ホーム銀行融資の交渉>事業計画より足許の実績を重視





融資の相談を受ける際、よくお客様より将来の事業計画の説明がありそのために資金が必要なので融資をお願いしたいとの要請を受けることがあります。
ただ将来の事業計画の前に銀行融資の審査の目線は足許の業績がどうなっているのかに、まず目が行きます。
つまり銀行融資の審査は足許の業績確認→将来の事業計画の順番なのです。
ところが足許の業績の説明を飛ばしていきなり将来の事業計画を説明されるお客様が少なくありません。
しかしこの場合、銀行員は足許の業績が気になっており将来の事業計画の説明を受けても、真剣には聞いていません。
将来の事業計画はあくまでも将来の話であって、計画通りに物事が進むかどうかはわかりません。
計画通りに進まなかった場合でも、このお客様は耐えられるだけの財務基盤を持っているのかどうか、それを足許の業績などから銀行員は確認をするのです。
足許の業績が芳しくなく財務基盤が脆弱な場合、仮に事業計画通りに物事が運ばなかった場合、そのお客様の信用面に大きな疑念が生じして融資の返済が困難になってしまう可能性があります。
足許の業績が良好で財務基盤がしっかりとしていれば、仮に事業計画通りに物事が運ばなかった場合でも、そのお客様は信用面に大きなマイナス影響を受けることなく融資の返済にも支障を来さないと考えることも可能となっています。
銀行に将来の事業計画を説明し、そのための必要資金の融資相談をする際にはまずは足許の業績の説明を行い、その上で事業計画の説明を行うようにしてください。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%