資金繰り

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの違い

ファクタリングという資金調達方法では銀行などの金融機関からの借入ではない資金調達方法をご案内しました。
ところでファクタリングには2社間ファクタリングと3社間ファクタリングというものがあります。
ご存知の方もいらっしゃるとは思いますが、ここでは2社間ファクタリングと3社間ファクタリングと特徴と違いを整理しておきましょう。

2社間ファクタリングとは

まずは次の図をご覧ください。
ファクタリング
これは2社間ファクタリングを簡単に図にまとめたものです。
2社間ファクタリングにおいては主な当事者は自社とファクタリング会社の2社であり、自社の販売先は間接的な存在でしかありません。
自社とファクタリング会社の2社間のみで手続きが完了します。

3社間ファクタリングとは

次の図をご覧ください。
ファクタリング
これは3社間ファクタリングを簡単に図にまとめたものです。
さきほどの2社間ファクタリングを比べていただくとファクタリングの手続きに自社の販売先が登場してくる点が違います。
3社間ファクタリングでは販売先に対する売掛金をファクタリング会社に譲渡することにつき、販売先に通知するとともに同意を得ることが必要になってきます。
そのため自社の販売先に自社がファクタリングを利用することを知られることになります。
そして売掛金の支払いは販売先から自社に行うのではなく、ファクタリング会社に行っていただくことになります。

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの違い

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの最大の違いは自社の販売先が直接に関係してくるか関係してこないかという点です。
2社間ファクタリングの場合には販売先は直接には関係してきませんから、販売先に知られることなくファクタリングを利用する手軽さがあります。
3社間ファクタリングの場合には事前に販売先に通知・同意を求めることが必要になりますから、2社間ファクタリングに比べると時間を要します。
では3社間ファクタリングにはメリットがないのかと言えばそうではありません。
3社間ファクタリングの場合は販売先からの売掛金の支払いを直接、ファクタリング会社に行いますから、ファクタリング会社にとっては2社間ファクタリングに比べると確実に売掛金が回収出来る特徴があります。
2社間ファクタリングの場合は、販売先は自社に支払いますから、ファクタリング会社から見れば自社から売掛金を回収する必要があります。
このためファクタリング会社にとっては3社間ファクタリングの方が2社間ファクタリングに比べると売掛金回収の確率が高い、つまりリスクを低く抑えることが出来ます。
そのため一般的には3社間ファクタリングの方が2社間ファクタリングよりもリスクが低い分、手数料を安い特徴があります。

ココがポイント

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの違いをまとめると次のようになります。
・2社間ファクタリングは自社の販売先に知られることなく利用できる
・2社間ファクタリングは手続きに要する時間が3社間ファクタリングよりも短い
・3社間ファクタリングの方が手数料が安い

-資金繰り
-

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.