担保があっても融資が可能とは限りません

ホーム銀行融資と担保>担保があっても融資が可能とは限りません

銀行融資において不動産担保に代表される担保は債務者が返済不能となった場合の万が一に備えての最後の融資回収手段です。
担保があれば銀行としては融資が回収出来る可能性がありますから安心出来るのは確かです。
では担保があれば銀行はすべて融資に応じるのかと言えば、必ずしもそうではありません。
銀行融資の審査においては担保の有無の前に債務者の返済能力を審査します。
融資の返済原資は債務者の事業から生み出される利益などであることが基本だからです。
返済能力が乏しい債務者に銀行が融資を返済しても、すぐに延滞するようなことがあれば融資審査の姿勢が疑われてしまいますし、その後の融資管理にも時間とコストを要します。
最後は担保処分によって融資が回収出来るとしても担保処分には多くの時間とコストを要することが少なくありません。
このような危険性がある債務者に対してはそもそも融資すること自体に慎重になります。
担保があるから融資を実行するということではないのです。





お客さんと面談していると、「マンションを担保に出すからお金を貸してもらえるよね?」といった質問を受けることが時々あります。
担保があることにこしたことはありませんが、まずはお客さんの返済能力の審査です。
毎期赤字の状態でかつ債務超過、今後も業績の改善見込みが乏しいなどという状況であれば、どれだけ担保があっても銀行が融資に応じることは期待出来ません。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%