資金状況はどうなのか?

ホーム銀行融資審査マンの心理>資金状況はどうなのか?

融資判断において融資先の今までの資金状況がどうなのか、どういう傾向なのかを融資審査ではよく見ています。
銀行は融資先から見れば外部の存在ですから、日々の資金状況を正確に把握することはできません。
しかし提出された決算書類から過去の決算期毎、つまり1年毎のトータルの資金状況を把握することが出来ます。
具体的にはキャッシュフロー計算書です。
外部の人間であっても決算書類があれば間接的にキャッシュフロー計算書を作成することが出来ます。

年間を通して資金が余剰の場合は基本的に問題視しません。
問題となるのは年間を通してみると資金が足りなったという状態です。
まず資金が不足した原因は何なのか、例えば赤字が原因なのか、設備投資を行なった為など資金不足の原因把握を行います。
さらに過去の資金状況はどうだったのかにも目を向けます。
前期のみならず過去数年間においても資金不足の状態であれば、問題は更に深刻化します。





お金というものは嘘をつきません。
毎期資金が足りないということはその融資先の構造そのものに大きな欠点があると考えることが出来ます。
不足した資金を銀行融資などで補完出来る間はよいのですが、無制限に資金調達が出来るわけではありません。
近いうちに必ず限界が来ます。
そして限界が来れば資金繰りが破綻し、行き詰まることになります。

決算が毎期黒字にもかかわらず、資金が不足しているということは決算そのものの信憑性にも疑問符がつきます。
つまり粉飾決算の疑いです。
決算書は操作出来ても現金は操作出来ません。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%