借入が出来なくなったらどうするのですか?

ホーム銀行融資の受け方>借入が出来なくなったらどうするのですか?

システム開発を手掛ける取引先の話です。
この取引先は当行を含めて全部で5つの銀行から融資を受けています。
この取引先の融資の受け方の特徴としては1銀行あたりの借入口数が多く、融資期間も長いもので5年です。
多くの借入は期間3年です。
借入の口数も多くの融資期間も長期というよりは中期の借入となれば毎月の返済額は結構多額となり資金繰りを圧迫するはずです。
借入口数をある程度まとめて、かつ融資期間も可能な範囲で長期化すれば毎月の返済額は減少して資金繰りの改善にもつながります。

ある日、この取引先の社長にどうして借入口数が多くかつ比較的融資期間が短い借り方をしているのかを聞いてみました。
社長の答えの要旨は返済が進めばまた銀行から融資が受けられる、だからなるべく返済が早く進むようにしているというものでした。
確かに返済が進めば銀行は返済分の融資がしやすくなるのは事実です。





しかし大きな落とし穴がここにはあります。
銀行は必ずしも返済が進んだ分をあとでまた融資を行うとは限らないということです。
銀行の融資判断の基本は決算書の内容です。
決算内容が前期と比べて大きく変わらないとか、前期比増収増益であれば銀行は進んで融資の提案を行うでしょう。
しかし決算が減収減益になったとか赤字決算になってしまったという場合、銀行は返済が進んでいるとはいえ、再び融資の対応を行うかどうかは不透明になります。
仮に融資が実行されたとしても返済分満額の融資ではなく、減額融資となる可能性があります。

この社長は決算が悪化して銀行から融資が受けられなくなるということは想定していません。
そして融資が受けられなくなると資金繰りが逼迫し、最悪は資金繰り破綻になってしまう事態だってありうるのです。

銀行融資というものは次回も融資が受けられるとは限らないのです。
ですからなるべく借入口数を多くせずかつ融資期間を長くして返済負担を軽減することが資金繰りを守る観点から大切なポイントです。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%