当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

資金繰り

個人事業主向けビジネスローンについて知っておくべき基礎知識

個人事業主も会社と同様に資金繰りの維持は欠かせません。
急な資金需要には銀行からの融資では時間的に間に合いませんがビジネスローンは短期間での利用が可能です。
今回は個人事業主向けのビジネスローンについて知っておくべき基礎知識について融資担当の銀行員が説明をします。

ビジネスローンとは

最初にビジネスローンについて簡単に整理をしておきます。
ビジネスローンは審査を簡素化した事業資金の融資です。
銀行でもビジネスローンを取り扱っているところもありますが、主流はカード会社、信販会社、消費者金融会社が取り扱っている事業資金専用の融資がビジネスローンです。

銀行の融資とビジネスローンの違い

銀行の融資とビジネスローンの違いは何と言っても審査基準です。
一言で言えば銀行融資の審査基準に比べてビジネスローンの審査基準は低く設定されています。
そのため銀行では融資は受けられなかったものの、ビジネスローンは利用が可能なケースは数え切れないほどあります。

ビジネスローンの審査基準は銀行の審査基準より低い

ビジネスローンは審査日数が短い

またビジネスローンは銀行に比べて審査日数が短いところに特徴があります。
銀行に初めて融資を申し込んだ場合には、1ヶ月から1ヶ月半は必ず審査や事務手続きに日数を要すると考えてください。
これに対してビジネスローンは審査手法の簡素化を行っていますから、数日程度でビジネスローンを利用することができます。

ビジネスローンは銀行に比べて圧倒的に審査日数が短い

ビジネスローンは個人事業主も利用が可能

ビジネスローンは事業者向けに事業資金を融資するものです。
法人だけではなく個人事業主も当然ながら事業者です。
個人事業主もビジネスローンの利用が可能です。

ビジネスローンは個人事業主も対象

ビジネスローンとカードローンの違い

カードローンは純粋に個人の資金需要に対応するもの

個人事業主が手っ取り早く資金調達する上でカードローンを考える人がいますが、カードローンはそもそも事業者を対象にしたものではありません。
サラリーマンなど純粋な個人向けのローンです。
そのためカードローンは旅行代金、買い物代金、教育資金など純粋に個人の生活の上で必要となる資金を対象にしています。

カードローンは旅行代金や買い物代金など純粋な個人の資金需要に対応をするもの

ビジネスローンは事業に関係する資金需要に対応するもの

これに対してビジネスローンは運転資金や設備資金など事業で必要となる資金を対象にしています。

ビジネスローンは運転資金など事業で必要となる資金を対象

ビジネスローンの方が融資金額が大きい傾向

そのためカードローンに比べてビジネスローンの方が融資金額が多くなる傾向にあります。
カードローンの中には最大金額が500万円以上と宣伝されているものもありますが、一個人で数百万円のカードローンが利用できる人は本当に一握りの人だけです。
現実は数十万円、多くても300万円程度と考えてください。
これに対してビジネスローンは事業で必要となる運転資金や設備資金を対象にしていますから、カードローンに比べて利用できる金額が多くなることが大半です。
個人事業主においても1,000万円のビジネスローンが利用できるケースもあります。

カードローンに比べてビジネスローンの方が利用できる融資金額が大きい

おすすめできる個人事業主向けのビジネスローンの使い方

それでは個人事業主向けにおすすめできるビジネスローンの使い方を案内します。
おすすめできるビジネスローンの使い方は何と言っても一時的な資金繰りのつなぎで利用するシーンです。

一時的な資金繰りのつなぎでビジネスローンを利用する

個人事業主に限らず会社を含めた事業者においては誰しもが一時的に資金が必要となるケースがあります。
売上代金が回収されるまでの間の一時的な資金需要がその代表例です。
1ヶ月後には売上代金が入ってくるが、1週間後の仕入資金の支払に資金が不足する恐れがある・・・。
事業者であれば誰しもが経験するシーンです。
このような一時的な資金需要、つまり資金繰りのつなぎのシーンでビジネスローンを利用することが賢い利用方法となります。

ビジネスローンは金利が高いが・・・

ビジネスローンの難点としてその代表となるのが高い金利です。
銀行の融資金利に比べるとはるかに高い金利が設定されています。
中には二桁の金利のビジネスローンもあります。
しかしビジネスローンの利用が短期間であれば、実際に支払う金利はそれほどでもありません。
例えば金利10%のビジネスローンを500万円利用するとします。
仮にビジネスローンを1年間、借りっぱなしで利用するとなると1年間に支払うビジネスローンの金利額は50万円となります。
しかし1ヶ月だけビジネスローンを利用するとなると、1年間の1/12、つまり42,000円ほどの金利で収まります。
ビジネスローンは金利は高いですが、一時的な資金需要で利用することによりビジネスローンで実際に発生する金利を節約することができるのです。

ビジネスローンは金利は高いが短期間の利用により実際に支払う金利は節約することができる

個人事業主向けビジネスローンについて知っておくべき基礎知識のまとめ

以上、個人事業主向けのビジネスローンの基礎知識と賢い利用方法についてまとめますと次のようになります。

まとめ

・ビジネスローンは銀行融資に比べて審査基準が低い
・ビジネスローンは銀行融資に比べて短期間で利用が可能
・ビジネスローンはカードローンに比べてより大きい金額の利用が可能
・ビジネスローンは一時的な資金需要に利用することにより実際に支払う金利を節約できる

当サイトが確認済の事業資金融資です(PR)



1.中小企業・個人事業主向け事業資金
大手会社系列の安心できる事業資金融資です。
中小企業や個人事業主を対象とし、原則来店不要です。
多くの事業者の方が利用されています。

2.融資枠型ビジネスローン【あんしんワイド】
GMOあおぞらネット銀行が提供するビジネスローンです。
繰り返し利用ができる融資枠(極度枠)タイプです。
運転資金やつなぎ資金に利用ができます。

3.保証人不要の事業資金
ネットで完結する事業資金融資です。

-資金繰り
-