紐付き融資で融資枠拡大


ホーム銀行融資の交渉>紐付き融資で融資枠拡大

先日あるWEBデザインを手掛ける会社宛てに運転資金の融資を実行しました。
売上が順調に伸びており、これにともない資金の立替負担が増加していることから資金繰りの安定のために融資を実行したものです。
これで当面の資金繰りに不安はないとこの会社の社長から話がありました。
それと同時に「当社の融資枠はこれで当面一杯ですか?」との質問がありました。
質問の背景にある問題をよく聞いてみると、2、3ヶ月後に当社としては大きな受注案件が控えており、これが正式に決まると今回の融資だけでは資金繰りが回らない可能性があるとのこと。
資金確保が無理であれば安易に受注することも躊躇われるためどうしようかと悩んでいるとのことでした。

当社に対する融資は今回の融資にて少なくとも無担保扱いの対応は限界です。
当面は返済を続けてもらい、返済が進んだ分だけ追加の融資検討が可能な状態です。
しかしこの社長からは2、3ヶ月後の案件は当社としても長年営業をかけてきた大手先からの話であり、今後の当社の将来を考えた場合、何とかして受注にこぎ着けたいとの強い意思が感じられました。
そこでわたしから社長に話をした内容が今回のテーマである紐付き融資です。
つまり今回の受注案件に限った必要資金を運転資金として融資を行い、この受注売上の回収資金によってこの融資は全額を返済していただくというものです。
融資には今回実行したものと何ら違いはありませんが、銀行としては特定の案件に限った融資支援については比較的検討しやすいのです。
つまり限定的、一時的な融資であり、比較的短期間に回収が出来る案件として検討の土台に乗りやすいのです。

融資枠はもう一杯と銀行担当者から言われた場合には、今回の例のように紐付き融資にて相談してみるのも1つの方法です。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト