融資シェアに応じた取引振


ホーム銀行とのつきあい方>融資シェアに応じた取引振

銀行というところは融資シェアに応じた取引振がきちんと確保されているかどうかを非常に気にするところがあります。
つまり融資シェアに応じた預金取引や振込取引などがきちんと自行に持ち込まれているかどうかを気にしているのです。
これはたかが取引振と簡単に片付けることは出来ません。
実は融資可否の判断にも影響をもたらしています。

例えば取引先から無担保での融資申し込みがあったとします。
その際、きちんと融資シェアに応じた預金取引が日頃から確保されていれば融資審査は前へ進みます。
しかし融資シェアに応じた預金取引が日頃から確保されていない場合、場合によっては預金取引が十分に行われている他の銀行に融資を申し込んではどうかと回答することがあります。
つまり自行では融資が出来ないので、他の銀行に融資の相談をしてくださいということです。

したがって複数の銀行と融資取引を行なっている場合には、各銀行からの借入シェアを確認して預金や振込などの取引を分散しておくことが銀行との日頃からの賢いつきあい方ということになります。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト