キャッシュフローの重要性

ホーム銀行融資審査マンの心理>キャッシュフローの重要性

ある会社の実例です。
この会社はここ5年ほど毎年売上が増加し、これに比例して利益も順調に積み上がっています。
積極的に融資を増やしたい候補の取引先だと言えます。
取引している他の金融機関も積極的に融資を伸ばしています。
ぜひうちの銀行も融資シェアを伸ばしたい先だと融資担当者は思うでしょう。
しかし融資の審査担当は素直にうんと言いませんでした。
なぜだと思いますか?
それは売上増、利益増にもかかわらず毎期大幅にキャッシュフローがマイナスになっているからでした。
キャッシュフローがプラスであって初めて借入の返済が可能となります。
ところがこの会社は毎年キャッシュフローがマイナス。
ということは借入の返済が難しいということです。
原因は売上増に伴う資金負担(増加運転資金)が大きいため、損益上の利益はプラスであっても資金繰りが毎年タイトになっていることにありました。
運良く銀行が融資提案を積極的にしているため、資金繰りは維持されていますが、銀行融資の限界が来ればその時点で当社の資金繰りはいきなり大きな危険に遭遇するリスクをはらんでいます。。

融資可否を判断する際には決算書の表面の数字に左右されずに、キャッシュフローの状況を必ず融資審査担当は確認をしています。
現金こそ取引先の実態を忠実に表している最重要のシグナルです。
現金は嘘をつかないという視点です。
銀行の融資担当は決算書の表面的な数字だけで安易に判断をすることはありません。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。