資金繰り

資金繰りに大きな影響を与えるサイトとは

事業を行う上でもっとも気をつけなければいけないことは資金繰りの維持です。
どれだけ売上が獲得出来ていても資金繰りがショートすればその時点で倒産です。
資金繰りにはサイトと呼ばれるものが大きく影響します。
資金繰りに影響するサイトとは何かについてわかりやすく説明をします。

資金繰りの影響を与える2つのサイト

資金繰りに影響を与えるサイトには2つあります。
1つは入金サイト、もう1つは支払サイトです。

サイトとは

資金繰りに影響を与えるサイトとは時間のことです。

入金サイトが1ヶ月の意味

サイトをわかりやすく説明をするために入金サイトが1ヶ月とした場合、それがどのような意味なのかを説明します。
入金サイトが1ヶ月ということは、売上が発生してからその売上代金が回収されるまでの時間が1ヶ月ということです。
これは売上が発生してもその代金はすぐに手元には入ってこなく、1ヶ月後にようやく代金が手元に入ってくるということです。
したがって資金繰りにおいては入金サイトが短いほど楽になるということになります。

入金サイトは短いほど資金繰りが楽になる


もし入金サイトが2ヶ月だとすると売上が発生しても2ヶ月後にならないとその代金が手元に入ってこないということです。
したがって資金繰りにおいては入金サイトは短いほど楽になるのです。

支払サイトが1ヶ月の意味

では支払サイトが1ヶ月とはどういうことでしょうか。
これは商品や原材料の仕入した場合、その代金を支払うのは1ヶ月後ということです。
仕入をしても1ヶ月間はその代金を支払う必要はありません。
したがって資金繰りにおいては支払サイトが長いほど楽になるということです。

支払サイトは長いほど資金繰りが楽になる

資金繰りの改善に役立つサイト

このようにサイトは資金繰りに大きな影響があり、このサイトをコントロールすることで資金繰りの改善に役立ちます。

入金サイトを短くする

資金繰り面においては入金サイトは短ければ短いほど改善に役立ちます。
もっとも売上が発生しその代金をいつ販売先が支払ってくれるかは販売先との契約で決まっているはずです。
そのため入金サイトを短くするためには販売先と交渉をする必要があり簡単ではありません。
したがって平均よりも長い入金サイトをなっている販売先から優先的に交渉をしてみましょう。
また売上が発生した後に販売先には請求書を送付すると思いますが、請求書の送付漏れがあると入金サイトが長くなります。
こういった細かいところの管理を積み重ねることで入金サイトを短くすることで資金繰りの改善に役立ちます。

入金サイトを短くするポイント

・平均よりも長い入金サイトとなっている販売先に短縮化を交渉する
・請求書の送付漏れは入金サイトの長期化につながるので、きちんと請求書は送付する

支払サイトを長くする

資金繰り面においては支払サイトが長くなるほど資金繰りの改善に役立ちます。
ただしこれも先ほどの売上と同じように仕入先との支払条件は契約で決まっているはずです。
それを長くしてくれと交渉することは仕入先から「資金繰りが危ないのか」などと余計な懸念を与えてしまう恐れもあります。
したがって例えば現金仕入となっているところがあれば、掛けでの仕入れを交渉してみましょう。
また平均よりも短い支払サイトの条件になっている仕入先に少しでも支払サイトの長期化を交渉してみましょう。

支払サイトを長くするポイント

・現金仕入となっている支払先に掛けでの仕入れへの変更を交渉する
・平均よりも短い支払サイトとなっている仕入先に少しでも長期化の見直しを交渉する

資金繰りに大きな影響を与えるサイトのまとめ

以上、資金繰りに影響を与えるサイトについてまとめますと次のようになります。

まとめ

・サイトとは時間のこと
・入金サイトとは売上が発生してからその代金が回収されるまでの期間
・支払サイトとは仕入が発生してからその代金を支払うまでの期間
・入金サイトは短いほど資金繰りが楽になる
・支払サイトは長いほど資金繰りが楽になる

おすすめできる事業資金融資です



1.中小企業・個人事業主向け事業資金
大手会社系列の安心できる事業資金融資です。
中小企業や個人事業主を対象とし、原則来店不要です。
多くの事業者の方が利用されています。

2.融資枠型ビジネスローン【あんしんワイド】
GMOあおぞらネット銀行が提供するビジネスローンです。
繰り返し利用ができる融資枠(極度枠)タイプです。
運転資金やつなぎ資金に利用ができます。

-資金繰り
-