銀行融資の基本

借入余力の簡単な見方

ホーム銀行融資の受け方>借入余力の簡単な見方

銀行から追加で融資が受けられるかどうかの簡単な味方をご案内します。
これは銀行員が融資審査においてチェックしている項目でもあります。
簡単な味方は貸借対照表から次の計算式でチェックすることができます。
それは【現預金+有形固定資産】が総借入金よりも多いか少ないかです。

【現預金+有形固定資産】が総借入金よりも大きければその大きい分だけまだ銀行から融資が受けられる可能性があります。
逆に【現預金+有形固定資産】が総借入金よりも少なく、つまり総借入金の方が多ければ銀行から追加の融資が受けられる可能性は小さくなります。
銀行から見ると【現預金+有形固定資産】はいざという時に借入金が返済出来る原資と見なしています。
【現預金+有形固定資産】が総借入金よりも大きいということはまだ返済する能力があると考えることが出来ますから、追加の融資は検討しやすくなります。
逆に【現預金+有形固定資産】が総借入金よりも少ないということは、すべての借入金を返済するだけの余力がないと考えます。

もちろん上記項目だけで銀行が融資をするかしないかを決定しているわけではありませんが、融資が受けられるかどうかの入口の目線として有効に活用することができます。



管理者選定:中小企業・事業者向け資金調達

ビジネクスト
大手資本が入り歴史が古いビジネスローンの代表的な商品です。

事業資金ならキャレント
ネットで全て完結する500万円までの資金調達商品です。

【GMO BtoB 早払い(ファクタリング)】
借入ではなく売掛金の売却による資金調達です。東証一部上場企業が運営しており安心です。

-銀行融資の基本

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.