融資金利と採算の問題

ホーム銀行とのつきあい方>融資金利と採算の問題

融資の営業や相談を受けていると、とにかく金利に拘る社長がいらっしゃいます。
当然、融資を受ける側から見れば融資金利は低い方が良いに決まっています。
一方で、融資を実行する銀行は金利は高い方が良いに決まっています。
そもそも融資金利はどのように決まるのかと言えば、基本としては融資先の財務内容の良し悪しです。
融資金利は返済可能リスクに対する対価と考えることが出来ますから、財務内容が良い融資先ほど金利は低くなり、逆に財務内容が悪い融資先ほど金利は高くなります。
また担保の有無も融資金利に影響します。
担保があれば銀行としては融資の回収リスクはそれだけ低下するわけですから、金利は低くすることが出来ます。





さらに融資金利は銀行としては重要な収入源、つまり利益の源泉です。
銀行も所詮は株式会社ですから利益を追求します。
融資金利が低いほどその融資先の採算性は低くなりますから、どこまで低金利を許容するかは財務内容の良し悪しだけではなく、銀行から見た採算性も考慮することになります。
もっとも銀行の収益源は融資金利だけではありません。
預金や振込、外為など収益源は他にもあります。
したがって融資金利が低いとしても振込などの他の取引により利益が得られている融資先に対しては、総合的には採算が取れているということで融資金利を低くすることが出来ます。
逆に融資取引しかない取引先については収益源が融資金利だけということですから、金利を低くするといっても自ずと限界があるわけです。
したがって採算が取れない融資先に対してはこれ以上の低金利では融資を実行しないという判断も銀行にはあるのです。
あまりにも低い金利に拘りすぎたために銀行からスムーズな借入が出来なくなってしまった例もあります。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

◆売掛金を利用した事業資金調達
赤字決算などの理由で銀行融資がスムーズに受けられず資金調達に困った場合には、ファクタリング、つまり売掛債権の譲渡による資金調達方法があります。 これは大手企業でも取扱をしている方法であり一般的な資金調達手法です。
事業資金調達なら【ジャパンマネジメント】

トップ・マネジメントのファクタリングでつなぎ資金調達