都市銀行と地方銀行、どちらが融資を受けやすいですか?

ホーム銀行融資の受け方>都市銀行と地方銀行、どちらが融資を受けやすいですか?

起業などで初めて銀行融資を受ける際に、一般的に大銀行である都市銀行と中小規模である地方銀行や信用金庫でどちらの方が融資が受けやすいのかは気になるところだと思います。
明確にこの疑問に答えることは難しいですが、どちらかというとそれは都市銀行よりも地方銀行や信用金庫の方でしょう。

都市銀行はやはり相対的に会社規模が大きいところに経営資源や人的資源を中心的に投下しています。
したがってこれから起業する場合とか年商規模が数千万円といった状況においては、都市銀行内部では「手間だけかかって面倒くさい」というのが銀行員の本音です。
ですから中堅銀行員が担当することはまずなく、入行1年目や2年目といった知識やスキルがまだまだの若手が勉強の意味で対応することが大半です。
これに対しては地方銀行や信用金庫の場合には、いわゆる中小企業が顧客の中心ですから、このような規模の会社に経営資源や人的資源を中心的に投下しています。
したがって若手だけではなく中堅の銀行員が対応することも少なくないでしょう。
また地方銀行や信用金庫は都市銀行に比べて地域への密着度合いが強いですから、地元の会社をより大切にしようという姿勢があります。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。