設備資金借入の復元は困難です


ホーム設備資金に関すること>設備資金借入の復元は困難です

店舗の新設、新工場の建設などの設備投資資金を銀行から融資にて調達することは多々あります。
そして設備資金融資の返済はその投資によって生み出される利益によって行っていくのが一般的です。
しかしながら当初の予想通りに投資の効果が上がらず、返済が苦しくなってしまうケースがあります。
こういった時に時々取引先からの相談で「設備資金借入の返済が済んだ分をまた借りたい。元の融資額に戻す借換などは出来ないのか」といったことがあります。

設備資金融資の借換はリスケと同じ
設備資金借入の返済負担が重く資金繰りが厳しいために返済額を減額することがありますが、これはいわゆるリスケそのものです。
今回のケースは返済額そのものを直接変更するわけではありませんが、借入額を元に戻すといったことはその背景に返済が重いということがありますからリスケと同義です。
これは銀行としても簡単に応じるわけにはいきません。

別途の運転資金対応
こういったケースで銀行の対応方法としては設備資金融資そのものは現状のままとし、別途資金繰り対策として運転資金を融資するといったことが融資実務ではよくあります。
これだけリスケには該当しませんので銀行としても相対的に対応しやすいのです。
もっとも新たな別口の融資を受けるわけですから債務者としては今まで以上に返済額が増加することになります。
プラスとマイナス面をよく検討して結論を出すことが大切です。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト