規定に少しでも触れたら即、全額返済しないといけないの?

投稿日:


期限の利益の喪失

銀行取引約定書の条項の中でもっとも融資先への影響が大きいのが期限の利益の喪失条項です。
期限の利益の喪失は融資先にとっては重大な不利益となるケースが多いです。
期限の利益の喪失条項は当然喪失条項と請求喪失条項の 2 つにあります。
前者の当然喪失条項に挙げられている条件は、融資先の信用状態に重大な事態が発生しているものであり、この条件に抵触すれば原則として自動的に期限の利益が喪失されるものです。
一方で請求喪失条項の条件は当然喪失条項の明記されている状況に比べると、融資先の信用状態に重大な事態が発生しているとは限らないため、自動的には期限の利益の喪失はなされずに状況に応じて金融機関の請求によってはじめて期限の利益が喪失されるというものです。

入金忘れでも全額返済を請求される?

もっとも請求喪失条項の条文だけを読むと確かに単なる入金忘れでも期限の利益の喪失につながるように感じます。
ただ実務において多くのケースでは単なる入金忘れで期限の利益を喪失の請求を行うことはまずありません。
単なる入金忘れは融資先の信用状態に重大な懸念があるとは言えないからです。
あくまでも融資先の個別の事情を把握し、その上で必要であれば期限の利益の喪失を請求するものであって、いたずらに金融機関の権利を振りかざすものではありません。



-銀行融資全般に関するQ&A

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.