信用保証協会保証付融資なのになぜ銀行は連帯保証人を要求するのですか?

ホーム信用保証協会と連帯保証人>信用保証協会保証付融資なのになぜ銀行は連帯保証人を要求するのですか?

信用保証協会保証付融資では銀行は公的な機関である信用保証協会の保証を得て融資を実行するわけですから万が一のときの回収リスクもほとんどない優良な融資です。
それにも関わらず銀行は中小企業向けに信用保証協会保証付融資を行う場合、その代表者をさらに連帯保証人として求めます。
つまり銀行は融資を行うに当たって信用保証協会と会社の代表者の2つの保証を得るわけです。
信用保証協会の保証がつくのだからそれで十分なのではと疑問に思われるのはある意味もっともだと思います。





その理由は信用保証協会から会社の代表者を連帯保証人として徴求するように求められているからです。
融資先からの回収が困難な場合、まずは会社の代表者たる連帯保証人に返済を求めて、それでも無理な場合に初めて信用保証協会が銀行に返済することになっています。
つまり信用保証協会の保証は2次的なものであって、まずは当事者たる会社の代表者つまり連帯保証人に請求することになっているのです。

別の言い方をすれば会社の代表者を連帯保証人に徴求してはじめて信用保証協会の保証が有効になるのです。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%