信用保証協会との面接内容について

ホーム信用保証協会保証付融資入門>信用保証協会との面接内容について

信用保証協会を初めて利用する場合には必ず信用保証協会の担当者との面接があります。
基本的には信用保証協会の担当の方が申込みをされた方の事務所を訪問する形で面接が行われます。

信用保証協会との面接内容ですが、主に経営者の人物や事業内容の把握、資金の流れが中心となります。
つまりヒト、モノ、カネの把握です。
特別に構える必要はありません。
面接の主の目的は申込みをされた会社、あるいは自営業者の内容を把握することです。
したがって難しい質問がされるわけではなく、行っている事業内容などを丁寧に説明すれば十分です。

背伸びすることなく、また変に隠し立てをすることもなく、普通にありのままを答えれば良いのです。
信用保証協会の担当者が事業内容を十分に理解するように説明してください。
担当者が十分に理解すれば、信用保証協会内での保証審査時に作成する書類も作りやすくなります。
逆に担当者に十分理解してもらえないと、保証審査自体が危うくなります。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。