資金繰り

ビジネスローンは総量規制の対象ですか?

ビジネスローンは総量規制の対象なのかどうかという質問を時々いただきます。
ビジネスローンと総量規制の関係について整理して説明をします。

総量規制とは

総量規制とは貸金業者から借りられる借入の上限は年収の3分の1以下にしなければならないという法律に基づく規制です。
借入をする立場から見れば最大でも年収の3分の1までしかお金が借りられないということです。
例えば年収が600万円の場合、最大で貸金業者から借りられる金額は200万円までということです。

貸金業者について

なお貸金業者とはカード会社、信販会社、消費者金融会社がその代表例です。
銀行や信用金庫はここでいう貸金業者には該当しませんので、銀行等からの借入は総量規制の対象外です。

総量規制の対象者

総量規制の対象者は個人です。
会社は対象外です。
そもそも総量規制は多重債務者を防ぐ目的で制度が制定されたものです。

総量規制の対象となる借入

総量規制の対象となる借入はキャッシングとかカードローンなどいわゆる個人の人が借りる消費性の借入です。
そのため住宅ローンや不動産担保ローン、マイカーローンは総量規制の対象外です。

借入額について

最大で年収の3分の1までとされている借入ですが、これはすべての借入の合計額です。
例えば年収600万円の人がカード会社からカードローンを50万円、消費者金融からキャッシングで50万円をすでに借入している場合、この2社からの借入合計額100万円を含めて合計で最大200万円までしから借入ができないということです。
借入先1社ごとに最大で200万円までということではありません。

・総量規制とは年収の3分の1までしか借入ができないということ
・ただし住宅ローンやマイカーローンなど一部の借入は総量規制の対象外
・総量規制の対象は個人。会社は対象外。

ビジネスローンは総量規制の対象なのか?

では今回のテーマであるビジネスローンは総量規制の対象なのかどうかについて説明をします。

会社向けのビジネスローンは総量規制の対象外

会社向けのビジネスローンは総量規制の対象外です。
なぜならそもそも会社は総量規制の対象外だからです。

個人事業主向けのビジネスローンも総量規制の対象外

個人事業主向けのビジネスローンですが、実はこれも総量規制の対象外です。
総量規制は個人を対象にしたものと説明をしました。
個人事業主も個人ですから個人事業主向けのビジネスローンは総量規制の対象となると思われますが、実際は総量規制の対象外です。
理由は個人事業主は事業のために借入が必要となることもあり、総量規制の対象にすることにそぐわないと考えられているからです。

ビジネスローンは総量規制の対象かどうかのまとめ

以上、ビジネスローンは総量規制の対象かどうかをまとめますと次のようになります。

まとめ

・ビジネスローンは総量規制の対象外
・会社向けはもちろんのこと個人事業主向けのビジネスローンも総量規制の対象外

おすすめできる事業資金融資です。
中小企業・個人事業主向け事業資金

大手会社系列の安心できる事業資金融資です。
中小企業や個人事業主を対象とし、原則来店不要です。
多くの事業者の方が利用されています。

記事検索

キーワード一覧

-資金繰り
-