信用保証協会保証付融資で過去に事故を起こすともう融資は受けられませんか?

更新日:

求償債務が残っていると無理

過去に個人事業主として信用保証協会保証付融資を受けていた、あるいは会社が受けていた信用保証協会保証付融資の連帯保証人になっていたとします。
そして融資の返済が出来なくなり信用保証協会の代位弁済を受け、信用保証協会に求償債務を負っていたが、自己破産・免責により求償債務から免れたとします。
その状態で将来、再び信用保証協会保証付融資が受けられるかどうかがここでのテーマですが、結論から言って無理です。
わかりやすくするためにあなたが知人のAさんに昔お金を貸していたとします。
そしてAさんはあなたにお金を返さないまま姿をくらまし、10数年後に再びAさんと出会い、Aさんが「昔は悪いことをして申し訳なかった。今度は必ず返すからお金を貸してくれないか」と頼まれたとします。
あなたはAさんにお金を貸しますか?
昔、不義を行ったAさんにお金を再び貸すようなことはしませんよね。
管理人であれば「ふざけるな!お金を貸してくれという前に、昔貸したお金を返してくれ」と言います。
信用保証協会も同じです。
過去に「貸倒れをされた」相手方に再び信用保証協会保証付融資が利用出来るような計らいはしてくれません。
この「過去に貸倒れをされた」というデータはずっと信用保証協会に残っています。
どれだけ時間が経過しても再び信用保証協会保証付融資を利用することは困難です。



管理者選定:中小企業・事業者向け資金調達

ビジネクスト
大手資本が入り歴史が古いビジネスローンの代表的な商品です。

事業資金ならキャレント
ネットで全て完結する500万円までの資金調達商品です。

【GMO BtoB 早払い(ファクタリング)】
借入ではなく売掛金の売却による資金調達です。東証一部上場企業が運営しており安心です。

-信用保証協会保証付融資の代位弁済
-, ,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.