リスケによる資金調達という考え方

ホーム返済条件変更(リスケ)>リスケによる資金調達という考え方

リスケによる資金調達とは

リスケによる資金調達の意味はお分かりになりますか?
例えば銀行融資を毎月500万円返済している法人Aがあるとします。
単純に年間に引きなおすと6,000万円の銀行融資を返済している計算になります。

年間6,000万円の返済は法人Aの規模からすればとても全額を返済することは出来ませんから、不足部分を別の銀行融資にて資金調達する必要があります。
つまり借金の返済のために新たな借金を抱えるパターンです。





不足部分を新たに銀行融資で調達することが出来れば良いのですが、昨今の金融環境ではそう簡単に銀行融資を受けることは困難な状況です。
こうなった場合、リスケによりしばらくの間、元金返済を止めるのです。
つまり年間6,000万円の返済をリスケによりストップします。
この効果は6,000万円の銀行融資を新たに借入したのと同じ効果をもたらします。
つまり6,000万円という資金調達が出来たのと同じことなのです。

リスケにより自力で資金繰りが回せるのであれば選択肢の1つになります

実務においてこのような例は決して珍しくありません。
経営される側も常に銀行融資の返済のために、新たな銀行融資を受けなければならないという心理的圧迫から解放されることが出来ます。

リスケは一方で今後の銀行取引に一定の不利益をもたらします。
しかし、返済をストップし銀行融資の返済分を社内にストックすることで新たな銀行融資を受ける必要もなくなり、自力で資金繰りを回せるのであれば、リスケは取るべき1つの選択肢とも言えます。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%