銀行融資担当者は口座の動きを見ています



ホーム銀行融資審査マンの心理>銀行融資担当者は口座の動きを見ています

口座の動きは融資審査の材料になる

銀行融資の審査は決算書の分析などを基にした「返済可能性の見極め」を中心に行っていますが、補助的な審査材料として預金口座の動きも銀行融資担当者は見ています。
どういうところから入金があるのか、預金の残高はどれくらいか、支払いはいつされているのか、など口座の動きを見ています。
口座の動きを見ることで融資先の実態が見えてくるのです。

口座を利用しないのは逆効果

では見られるのはいやだから、入金や出金は別の銀行口座を利用した場合はどうでしょうか?
これはこれでマイナスです。
銀行融資の担当者は融資取引だけでなく、融資先との総合取引を目指しています。
総合取引とは、売上の入金先として利用してもらうこと、買掛金や給与の支払口座として利用してもらうことなどです。

口座の利用は融資審査にプラスの影響を与える場合も

入金や支払いの口座として利用してもらっている融資先には微妙なところで融資審査に影響します。
例えば「業績は悪いが、日頃から入金・出金口座として利用してもらっているから、必要最低限の融資は検討しなければならない」などです。


◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。