銀行融資審査マニュアル17 仕入債務の見方

更新日:

ホーム銀行融資審査マニュアル>銀行融資審査マニュアル17 仕入債務の見方

仕入債務とは支払手形とか買掛金のことです。
銀行融資の審査担当は仕入債務について、特に仕入債務回転期間の変化に着目しています。

仕入債務回転期間とは

仕入債務回転期間とは支払手形や買掛金を最終的に現金で支払うまでの期間を示しています。
算式はつぎのとおりです。
仕入債務回転期間=(支払手形+買掛金)÷平均月商

仕入債務回転期間の短縮化

仕入債務回転期間が短縮化しているということは、仕入発生から現金支払いまでの期間が従来より短くなっていることを示しています。
したがって仕入債務回転期間が短縮化している場合、銀行融資の審査担当は融資先の信用力が低下し、仕入先から現金決済や前払いなど仕入条件を厳しくされているのではないかとの疑問を持ちます。

もし信用力に問題がなく、値引きが狙いで積極的に早期に支払うことにしたのであれば、そのことを銀行融資の審査担当に伝えてください。

仕入債務回転期間の長期化

逆に仕入債務回転期間が長期化している場合、銀行融資の審査担当は資金繰りが苦しく支払いを繰り延べしているのではないかと考えます。

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-銀行融資審査マニュアル
-, ,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.