新事業進出に伴う銀行融資の可否


ホーム中小企業社長との面談日誌>新事業進出に伴う銀行融資の可否

ある中小企業の社長より現在の業種とは全く異なる分野への進出に要する融資申し出がありました。
一般的に言って、銀行は新事業進出に伴う融資は慎重姿勢です。

理由は新事業での実績が不透明だからです。
現在の事業と関連が深い事業への進出であれば、「関連性も高いからある程度の実績は期待出来るのではないか」と考え、比較的に緩やかに銀行融資の審査を行います。
しかし現在の事業とまったく異なる異分野の進出にはそう簡単に銀行融資は実行されません。

異分野への進出が仮に失敗しても、本業の業績で十分カバー出来るのであれば銀行融資の検討余地はあります。
しかし本業の業績でカバーすることが困難な場合には、銀行融資は期待出来ません。

異分野への進出で本業部門がおろそかになり、結果として業績が大幅に悪化してしまうケースがしばしばあります。
異分野への進出は確かにチャンスかもしれませんが、失敗すれば取り返しのつかない事態を招くことが少なくないのです。
リスクも大きいのです。

現在の事業とはまったく異なる分野への進出に銀行の支援は期待されない方がよいと思います。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト