銀行融資の基礎 手形貸付


ホーム銀行融資の基礎>銀行融資の基礎 手形貸付

手形貸付は銀行融資で広く扱われている融資形態です。
受取人を銀行宛にして手形を振り出し、その見返りに銀行から融資を受ける形態です。

銀行融資で広く扱われている融資形態には証書貸付というものもあります。
手形貸付と証書貸付の違いですが、証書貸付は金銭消費貸借契約に基づく債権だけを銀行が持つのに対して、手形貸付は金銭消費貸借契約に基づく債権のほかに、手形債権を併せ持つため、銀行側の権利が厚くなるという違いがあります。

しかし実務上は上記のような難しいことはあまり考えずに、借入期間が1年以下であれば手形貸付、借入期間が1年以上であれば証書貸付とするぐらいです。
あまり深く考える必要はありません。

手形貸付は借入期間が1年以下の融資、つまり短期の融資に使われます。
短期の運転資金や賞与資金、納税資金などがその代表例です。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト