運転資金の銀行融資を返済するために新たな銀行融資は貸してくれますか?

ホーム運転資金に関すること>運転資金の銀行融資を返済するために新たな銀行融資は貸してくれますか?

銀行融資の返済のための銀行融資は少なくありません。
特に運転資金の場合には、よくある事例とも言えます。

運転資金は事業を継続するために、常に一定の資金が必要です。
その運転資金を期限一括の返済方式で融資を受けている場合には、毎月の元金返済はなく利息のみの支払いとなりますから、追加の融資は基本的に必要ありません。





ところが運転資金を毎月の分割返済にて借入している場合には、形としては本来、運転資金として使用する資金を銀行融資の返済に回していることになります。
したがって本来の運転資金が不足することにつながります。

そこで運転資金の返済のための新たな銀行融資が必要となってくるのです。
銀行融資の実務上では、例えば1,000万円の運転資金を銀行融資で借入し、その後の返済がすすみ、現在残高が500万円となっている場合、返済分の500万円を別の融資で行うのではなく、1,000万円の新たな融資を行い、現在残っている500万円の過去の融資を同時に返済する形式が一般的です。
そして1,000万円の融資を再び返済していくわけです。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%