源泉徴収した従業員の所得税の流用について

ホーム銀行融資と税金の関係>源泉徴収した従業員の所得税の流用について

質問
小さな会社を経営しています。
従業員から源泉徴収した所得税は、会社がまとめて税務署に納付することになっていると思いますが、会社の資金繰りが厳しく、運転資金として流用してしまっています。
こういうことは他社でもよくあることなのでしょうか?





回答
資金繰りに窮している会社には決して珍しいことではありません。
銀行融資の延滞などに至っている会社において、多くの場合、法人税や消費税、源泉徴収税、社会保険料などを会社の資金繰りに流用し、未納状態となっています。

しかし当然ながら良いことではありません。
この状態では銀行融資などを受けて、資金繰りを改善することも出来ません。
一括納付が無理であれば、分割納付で税務署等と話し合いを行ってください。
その上で、分割納付の実績をある程度積んでいただき、比較的短期間に完納の見通しがつくのであれば、銀行融資の道も開いてきます。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%