個人事業主が銀行融資を担保・保証人なしで受けられるか?

更新日:

無担保無保証での借入は可能

個人事業主、つまり個人で商売をされている方が、銀行等から無担保・無保証で融資が受けられるかどうかですが、ずばり受けられます。
むしろ担保を取り、保証人をつけて融資を行うことの方が少ないほどです。
たしかに以前は個人事業主の方に融資を行う際には、少なくとも保証人を立てていただいて融資を行うことが当たり前でしたが、現在ではさきほどもご案内したとおり、無担保・無保証で融資を実行するのが大半を占めています。
では融資が受けられやすくなったのが言うと必ずしもそうとは言い切れません。
無担保・無保証であるということは融資を行う銀行などにとっては、それだけ回収リスクが高いということです。
回収リスクが高いということは、融資に応じるかどうか審査を厳しく行うことにつながります。

信用保証協会の保証付融資が定番

ただ審査を厳しく行えば大半の個人事業主の方は銀行融資が借入出来ないことになりますから、実務の上では個人事業主の方向けには信用保証協会の保証付にて融資を行うことがほとんどです。
もちろん信用保証協会も保証を行うにあたっては、無担保、無保証を原則としています。
なお個人事業主の方が銀行融資を借入して事業用の不動産を購入する場合は、資金使途の確認の意味をあって購入する不動産を担保として徴求することなります。



-自営業者の銀行融資
-,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.