消費者金融からの借入と起業資金

ホーム起業・創業融資全般>消費者金融からの借入と起業資金

◆質問

現在、個人での起業を計画しています。
起業資金の調達を考えていますが、1つ心配なことがあります。
それは私自身が消費者金融から借り入れがあることです。
消費者金融から借入があると起業資金の調達はやはり難しいでしょうか?

◆回答





消費者金融の借入があることで直ちに起業資金の調達が困難とはなりません。
消費者金融からの借入が消費性の資金であるのに対して、起業資金は事業性の資金となります。
そして消費性の借入と事業性の借入は別物と考えてください。

消費者金融からの借入は個人信用情報に登録されています。
個人信用情報は消費性の借入が登録の対象となり、事業性の借入は登録の対象外です。
そして事業性の借入の審査において、(金融機関によって取り扱いは異なるかも知れませんが)個人信用情報の照会は行いません。
したがって消費者金融からの借入があることを自ら申告しなければ、銀行では消費者金融からの借入事実を知ることなく審査を進めますから、起業資金の調達は可能性があると言えます。

ただし、大切なことは消費者金融への返済と起業資金の返済をきちんと行うことが出来るかどうかです。
消費性・事業性と区別はあるものの、借金であることに変わりはありません。
2つの借入の返済に支障はないのか、この点を見極めることが大切なことです。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%