銀行員は決算書で経営者の性格を見抜きます

ホーム銀行融資審査マンの心理>銀行員は決算書で経営者の性格を見抜きます

銀行員は決算書で経営者の性格を見抜きます。
少し大げさな表現かもしれませんが、実際そうなのです。
決算書は経営者の考え方や意向が非常に色濃く反映します。
決算書は経営者の意見書とも言えます。
だからこそ決算書を見ると経営者の性格がわかるのです。

銀行に入って間もない銀行員は到底、決算書を眺めても経営者の性格を想像することは出来ませんが、銀行融資に携わるベテラン銀行員ともなると、何百、何千もの決算書を見ています。
それに比例して何百、何千もの経営者と接しています。
そうすると決算書を見ただけで、まだ一度もお会いしていない経営者の性格が見抜けるようになるのです。





例えば非常に厳格で会社の経営と個人の生活をきちんと分けている経営者の場合、その会社の決算書は非常に綺麗です。
要するに経営に関するものしか決算書には出ていません。
会社の資産も経営に関するものしか保有していません。

一方、遊び付きで会社を大きく力強いものにして行こうというよりは、豊かな個人の生活を送りたいとの思いが強い経営者の会社の決算書は、非常に複雑です。
つまり経営に関するものと個人の生活に関するものが決算書の中に混同されています。
会社の資産の中に、どう考えても経営には関係なく、むしろ個人の遊びためと考えらえる資産が混在しています。

どちらの決算書が良いのか、一概には言えないと思いますが銀行融資の観点から見た場合は当然、前者の決算書に高い評価をつけます。
こういう決算書の会社は銀行として安心してつきあえる取引先です。
一方で後者のような決算書の会社は銀行としては不安を抱えながら付き合う必要がある取引先で積極的には取引拡大を望みません。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%