会社の根抵当権を外したい

投稿日:

ホーム銀行融資と担保>会社の根抵当権を外したい

[help]◆質問
父は父の兄が経営する小さな会社に勤務しています。
最近、会社の代替わりがあり、代表取締役が父の兄から兄の息子(父から見れば甥)が代表取締役になりました。
会社の業績はまずまずのようですが、父と甥(代表取締役)の仲が良くなく、父は会社での居場所がなくなっているようです。[/help]

このようなこともあり、父は身の処し方を最近考えているようであり、いろいろと整理をしています。
その中で父名義の不動産が会社の根抵当権に入っており、その根抵当権を外したいと考えています。
そのことに関して父は甥とはまだ話し合いをしていないようです。
これからどうなるのか不安ですが、根抵当権を外すにあたって何かアドバイスがあればお願いします。

[tip]◆回答
父の不動産に設定されている根抵当権は会社が設定しているのではなく、銀行などの債権者が設定されているものと考えられます。
つまり会社が銀行から融資を受けるに当たり、その担保として父の不動産に根抵当権が設定されているものです。
したがって根抵当権を外すには会社の同意というよりも、銀行など債権者の同意が必要不可欠です。
ここでは会社が銀行から融資を受けるために根抵当権が設定されていることを前提に話を進めていきます。[/tip]

会社が現在、銀行から融資を受けていないのであれば話は簡単です。
銀行としては融資を行っていない以上、担保を取っている理由はありませんから容易に銀行は根抵当権を外すことに同意します。

問題は現在、銀行から融資を受けている場合です。
この場合には、会社の業績が良好で融資の返済にまったく問題がないと銀行が考えない限り、銀行が同意することはまずありません。
銀行が同意するには原則として代わりの担保が必要となります。

今後のポイントとしては、
・会社が銀行から融資を受けているかどうかを確認する
・融資を受けていないのであれば、父と甥とで話し合いをしたうえで、銀行に根抵当権を外すよう申し入れをする
・融資を受けているのであれば、父と甥とで話し合いをし、まずは銀行に根抵当権を外す条件を確認する
という手順だと思います。



-銀行融資と担保
-,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.