信用保証協会の「内定」とは

投稿日:

ホーム信用保証協会保証付融資入門>信用保証協会の「内定」とは

信用保証協会の保証付融資にあたっては、信用保証協会への保証申し込みが必要となります。
信用保証協会は申し込みを受けて審査を進め、保証決定となれば融資を受ける銀行などに「信用保証書」を発行します。
銀行などはこの信用保証書をもとに銀行内での融資最終稟議を行い、融資実行となります。

ところで保証決定までは至っていないが、銀行の担当者から「信用保証協会の内定が出ました」ということを伝えられたことはないでしょうか?
内定とは正式な保証決定ではありませんが、条件付き保証決定という段階です。
そして条件は様々ですが、比較的簡易な条件でほとんどは追加書類の提出(納税証明書など)などです。
したがって「内定」が出れば、ほぼ保証決定と考えても良いと思います。

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-信用保証協会保証付融資入門
-,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.