銀行融資の受け方のコツ3 どうやって返済していくのか

ホーム銀行融資の受け方>銀行融資の受け方のコツ3 どうやって返済していくのか

銀行に融資を申し込む際にはいくつからの「コツ」があります。
その「コツ」を銀行融資の申し込みを受ける側の視点からいくつかご紹介します。
今回は「どうやって返済していくのか」です。

当たり前のことですが銀行融資は返済しなければなりません。
しかし申し込みの際に、この「どうやって返済していくのか」の視点が見えないお客さんがいます。
ただ貸してくれと目先の資金繰り確保のことばかり言われても銀行員は困ってしまいます。
銀行融資の業務はただ融資を行うだけではなく、最後まで回収して初めて融資業務が完結します。
銀行融資の稟議でもどのようにして返済するのか、つまりお客の返済能力の審査が中心となります。





業績が順調であれば銀行もそれほど返済能力には注意を払いません。
しかし赤字であるなど業績面に不安がある場合、それは返済能力不足に直結しますから「ただ貸してくれ」では通らないのです。
したがって「どうやって返済していくのか」の説明をしなければなりません。
つまり銀行に「きちんと返せる」ということを理解させる必要があるのです。

もっとも「担保があるから最終的には迷惑はかけない」ではだめです。
担保による回収はあくまでも最後の非常手段です。
融資の返済の基本は日々の事業によって得られる収入の中から行われるべきものです。
毎月おおよそこれくらいの収入がある、そして仕入れや給料など毎月の支出はこれくらいある、その結果このくらい残る、だから返せるということを数字で示すことが有効です。
言葉ではなく数字で示すことが銀行融資には有効なのです。
資金繰り表にて説明することがもっとも効果的です。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%