赤字なのに高額な役員報酬が続いている

ホーム銀行融資審査マンの心理>赤字なのに高額な役員報酬が続いている

決して多いとは思いませんが融資先の決算書を眺めていると、ここのところ赤字決算が続いているにも関わらず数千万円の高額な役員報酬を社長が受け取っているケースが見受けられます。
それでいて資金が足りなくなると融資の申込に来られます。

中小企業の場合、会社と社長は一心同体ですから社長の役員報酬を考慮すれば黒字になると考え融資を検討することもあります。
例えば会社が500万円の赤字決算であるのに対して、社長の役員報酬が3,000万円である場合、社長の役員報酬を考慮すれば実質的にはこの会社は黒字だと考えられるわけです。
会社で融資の返済が足りない場合、社長の個人資金でもって融資の返済は可能と銀行も考えるわけです。





しかし基本は会社の資金から融資は返済しなければなりません。
銀行融資の審査の視点も会社単独の返済能力が対象となるのであって、個人の資金も考慮して返済可能性を審査するわけではありません。
個人資金はあくまでも予備的な位置づけです。
そうするといくら役員報酬を考慮すれば会社の決算が実質的に黒字であるとしても、毎年赤字決算が続いている場合、「この社長は会社の決算をどう考えているのか?」「黒字にするという経営感覚はあるのか?」とネガティブに考えてしまいます。
社長の役員報酬を考慮し実質的には黒字決算だとしても、会社の単独決算が赤字であることを理由に銀行融資を断ることも少なくありません。

役員報酬を減額して会社の決算を良くする姿勢がほしいのです。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%