連帯保証人が亡くなり会社が倒産した場合、家族の責任は?

ホーム銀行融資と保証人>連帯保証人が亡くなり会社が倒産した場合、家族の責任は?

会社の銀行融資の連帯保証人になっている方が亡くなり、会社が倒産した場合、亡くなった連帯保証人の家族の責任はどうなるか?
一般的に会社が倒産した場合、当然ながら会社はもう銀行融資の返済が不可能となりますから、銀行は担保を処分したり連帯保証人に返済請求を行い融資の回収を行うこととなります。





ではその連帯保証人が亡くなった場合はどうするかですが、連帯保証債務は相続の対象ですから亡くなった方の相続人に連帯保証債務が引き継がれます。
つまり相続人が連帯保証人になるわけです。
したがって銀行はその相続人に融資の返済請求を行います。
辛いことではありますが、銀行実務上も相続人に返済請求を行います。

この場合、相続人の選択肢は大きく2つに分かれます。
1つは銀行からの請求に応じて返済を履行すること。
一括返済が難しい場合には銀行との話し合いで分割返済もあり得ます。
もう1つは相続放棄をして連帯保証債務から逃れること。
相続放棄は死亡を知った日から3か月以内に裁判所に申し立てを行わなければならないという時間的制約がありますが、期間内であれば相続放棄の選択も可能です。
相続放棄を選択すれば、資産を相続することは出来ませんが連帯保証債務も相続する必要がありませんから、相続人は銀行からの返済請求を受けることはなくなります。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%