信用保証協会の取立はかなり厳しいと聞きますが・・・

ホーム信用保証協会保証付融資の代位弁済>信用保証協会の取立はかなり厳しいと聞きますが・・・

信用保証協会に債権が移ると、かなり厳しい取り立てを受け、債権回収会社に債権を売られ、完済するまで追い回されるとの情報がありますが、そのような情報は行き過ぎです。

信用保証協会は各都道府県も出資している公的機関であり、中小企業や個人事業主が銀行から融資を受けやすいようにと設置されている組織です。
銀行はこの信用保証協会の保証を受けて中小企業や個人事業主に融資を行うものであり、万が一債務者が返済不能に陥った場合、信用保証協会から代位弁済を受けることになります。
信用保証協会が銀行に代位弁済をした場合、融資、つまり債権は信用保証協会に移転することになり、債務者は以降は信用保証協会宛に返済を行うことになります。





信用保証協会は公的機関であり決して違法な取立は行いません。
しかし債権回収はしなければなりませんから、担保があれば競売にかけることも当然ありますし、連帯保証人の資産に差押を行うこともあります。
ただ返済の基本はあくまでも話し合いです。
強制回収ばかりに訴えるものではありません。

また民間企業であれば、途中で債権放棄などの選択肢もありますが、信用保証協会は公的機関であるがゆえに、債務者や連帯保証人が存在する以上は回収業務を続ける面は確かにあります。
もっとも途中で債権放棄をすることも管理者は耳にしています。

不幸にも信用保証協会による代位弁済を受けた場合には、真摯に信用保証協会と相談を行ってください。
信用保証協会側も真摯に相談に乗ってくれます。
可能な範囲で毎月の返済を少額でも行い、事業を継続したり生活したりしている債務者はたくさんいらっしゃいます。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です