別の信用保証協会であれば、まだ保証は受けられますか?

ホーム信用保証協会保証付融資Q&A>別の信用保証協会であれば、まだ保証は受けられますか?

信用保証協会は原則本店所在地にある信用保証協会を利用することになります。
東京が本社所在地であれば東京信用保証協会を利用します。
ただ本社は東京にあるが、横浜に支店があり支店登記も行っている場合、神奈川県信用保証協会や横浜市信用保証協会の利用が可能な場合があります。

ここで問題になるのは、例えば東京信用保証協会からはもうこれ以上の保証は無理だと言われている状態で、神奈川県信用保証協会とか横浜市信用保証協会であればまだ保証が得られる可能性があるのかどうかです。
結論としては可能性があります。





保証の審査は各信用保証協会が独自に行っていますから、信用保証協会が異なれば審査スタンスも微妙に異なります。
したがって東京信用保証協会ではもう保証利用は無理だったが、神奈川県信用保証協会ではOKだったという事例は現実に存在します。

しかしまったく独立して複数の信用保証協会が利用出来るわけではありません。
例として、無担保保証は8,000万円が限度というのが原則です。
仮に東京信用保証協会で8,000万円の無担保保証を利用している状態で、神奈川県信用保証協会でも別途無担保保証8,000万円が利用出来るわけではありません。
無担保保証枠8,000万円というのは各地の信用保証協会合算での金額です。
各地の信用保証協会でそれぞれ無担保保証枠が設けられているわけではありません。

各地の信用保証協会はそれぞれ独立して存在していますが、他の信用保証協会の利用状況を把握したうえで審査を行っています。
したがってある信用保証協会ですでに相応の保証利用がある場合には、他の信用保証協会で追加の保証が得られるとしても、大きな金額は期待出来ません。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です