信用保証協会への決算書提出は義務ですか?

ホーム信用保証協会保証付融資入門>信用保証協会への決算書提出は義務ですか?

事例

・銀行にて信用保証協会保証付融資を利用している
・先日信用保証協会から決算書提出に協力を求めるハガキが来た
・これは義務なのか?提出しないと不利益があるのか?

解説





信用保証協会は保証を行っている中小企業や個人事業主について、一種の格付を査定しています。
そしてその格付に基づいて保証の限度目安などを設定しています。
決算書はこの格付を査定する材料となるのです。
このことは銀行などの金融機関でも同じです。

決算書の提出は必ずしも義務ではありません。
しかし今後、信用保証協会の保証を受けて銀行融資を受ける場合には、必ず決算書の提出が必要となります。
あらかじめ決算書を提出しておけば、審査のスピードが速くなります。
逆に保証申し込みと同時に決算書の提出ということになると、審査の前にまずは格付の査定作業がありますから、申し込みの結論まで時間を要することになります。

決算書をあらかじめ提出しても、申し込みと同時に提出しても結論は基本的に変わりませんので、スピードアップのためにもあらかじめ提出されることをおすすめします。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です