銀行から借入金の返済を3ヶ月延滞すると信用保証協会に連絡すると言われたのですが・・・

ホーム信用保証協会保証付融資の代位弁済>銀行から借入金の返済を3ヶ月延滞すると信用保証協会に連絡すると言われたのですが・・・

信用保証協会の保証付融資を3ヶ月以上延滞すると、銀行は信用保証協会に「事故報告書」を提出することになります。
信用保証協会の保証付融資が最終的に返済不能と判断される場合、銀行は信用保証協会に代位弁済請求を行い融資を回収することになるわけですが、事故報告書は代位弁済請求にあたり必ず提出しなければならない書類です。
銀行は代位弁済請求を確実に受けるために、事故報告書を必ず提出します。
つまり信用保証協会による代位弁済手続きのスタートと言えます。

銀行が提出した事故報告書に基づき銀行と信用保証協会との間で代位弁済請求手続きを含めた協議を行うことになります。
事故報告書が提出されたからといって直ちに代位弁済が確定するということではないですが、その後も返済がなされないと最終的には信用保証協会による代位弁済が行われ、債権は銀行から信用保証協会に移転します。

代位弁済請求手続きに入ると債務者は当然のことながら、連帯保証人にも請求の通知が行くようになります。
また信用保証協会の新たな保証を得た銀行融資を受けることも出来なくなります。

返済条件の見直し(減額)などの相談を銀行に行うことをおすすめします。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。