銀行融資返済条件変更(リスケ)の手引き リスケの要請期間は6ヶ月とする

更新日:

6ヶ月が相場

銀行がリスケに応じる場合、そのリスケの期間としては当面の6ヶ月とするのが相場です。
この6ヶ月間に事業の状況を見て、必要があればリスケの期間を延長するのが常道なのです。
リスケを要請する側としては当面1年程度は最初からリスケを受けたいと考えることが多いと思いますが、最初から6ヶ月を超えるリスケを銀行が受け入れることは現実問題として困難です。
銀行側としてはリスケの期間がなるべく短期間が良いわけですから、とりあえず6ヶ月間様子を見てその間の実績を見直し、必要があればさらにリスケの期間を延長するのが大半の対応方法なのです。
したがってリスケの要請を行うに当たってはそのあたりの銀行側の事情も踏まえて、最初から6ヶ月程度で要請し、その間の実績を踏まえて改めて相談したいという姿勢で臨むのが得策ですし、リスケ手続きの短期間化にも寄与します。



管理者選定:中小企業・事業者向け資金調達

ビジネクスト
大手資本が入り歴史が古いビジネスローンの代表的な商品です。

事業資金ならキャレント
ネットで全て完結する500万円までの資金調達商品です。

【GMO BtoB 早払い(ファクタリング)】
借入ではなく売掛金の売却による資金調達です。東証一部上場企業が運営しており安心です。

-返済条件変更(リスケ)の手引き
-, ,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.