当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

銀行融資の基本 融資審査マンの見方

社長がブラックリストでも会社で融資を受けるための具体的手段

社長がブラックリストでも会社は銀行から融資を受けられるものなのでしょうか?
銀行からの融資が受けられない場合、社長がブラックリストでも会社が資金調達ができる方法はあるのでしょうか?
融資担当の銀行員が説明をします。

会社向けの融資でそもそも社長がブラックリストかどうか調べるのか?

まずはそもそもの話ですが、会社の融資において社長がブラックリストかどうかを銀行は調べるのでしょうか?

原則として銀行は社長がブラックリストかどうかは調べない

会社の融資においては社長がブラックリストかどうかは基本的には関係のない話です。
社長個人に銀行が融資を行うのであれば、その社長がブラックリストかどうかは大きく審査に関係をしてきます。
しかしいくら社長だからといって会社の融資においては社長がブラックリストかどうかという社長の個人信用情報は関係がありません。
なぜなら融資を返済するのは会社であって社長ではありません。
会社に融資の返済能力があればそれで良いのであって、社長の返済能力は会社の融資とは関係がないからです。
そのため会社の融資の審査において銀行は原則として社長がブラックリストかどうかは調べません。

会社の融資と社長がブラックリストかどうかは基本的には関係がない

銀行が社長がブラックリストどうかを調べる例外

しかし例外があります。
管理者が勤務をする銀行では一定の小規模の会社の融資では審査の一環で社長がブラックリストかどうかを調べることがあります。

中小企業と社長は実質一体

小規模な会社でよく見られる例ですが、会社と社長が実質一体だと考えられることが少なくありません。
小規模な会社では会社の資金繰りに不安がある場合には、社長が個人の資金を会社に貸し付けて会社の資金繰りを支えることがよくあります。
またその逆に会社の資金が社長に貸し付けられて公私混同されているケースも少なくありません。
このような会社の融資を検討するにあたっては実質一体である社長の存在を無視することはできません。
したがって社長の個人信用情報を調査して社長がブラックリストかどうかを調べることがあります。
そしてもし社長がブラックリストであれば会社の融資を銀行は断ることとなります。

小規模な会社の融資では社長がブラックリストかどうかを調べることがある


社長がブラックリストであれば会社の融資は通らない

銀行が社長がブラックリストであるかどうかを知るケース

社長がブラックリストであるかどうかを知るためには社長個人の個人信用情報を調査する必要があります。
しかしケースによっては社長の個人信用情報を調べることはしなくても銀行が社長がブラックリストであるかどうかを知ることがあります。
その代表的なケースは社長個人がその銀行から個人的にローンなどの融資を利用している場合で、延滞や貸倒などの金融事故を起こした場合です。
このケースでは銀行は社長の個人信用情報を調べるまでもなく社長がブラックリストであるかどうかを知ることとなります。

社長がブラックリストである場合の会社の資金調達方法

社長がブラックリストであることがわかれば、銀行から会社の融資を受けることは実際は困難となります。
それでは社長がブラックリストのために銀行から融資を受けられない場合に、会社の資金調達の手段をいくつか説明します。

ビジネスローン

社長がブラックリストのために銀行から会社が融資を受けられない場合に、検討可能な資金の調達手段としてまずはビジネスローンが挙げられます。
カード会社や信販会社、消費者金融会社では数多くのビジネスローンを取り扱っています。
ビジネスローンを受けるにはもちろん審査がありますが、その審査基準は銀行よりは低く設定されているところが大半です。
そのため社長がブラックリストであっても会社の返済能力が認められるのであれば、ビジネスローンを利用できる可能性はあります。

社長がブラックリストのために銀行から会社が融資を受けられない場合、ビジネスローンは検討すべき手段の1つ


ビジネスローンの審査は銀行の融資の審査基準よりも低く設定されている

ファクタリング

社長がブラックリストで会社が銀行から融資を受けられない場合の資金調達手段としての2つめはファクタリングです。
ファクタリングとは融資ではなく、会社が持っている売掛債権を売却して資金を調達する手段です。
売掛債権の中身がファクタリングの審査の中心であり、会社の業績や社長がブラックリストかどうかは関係がありません。

ファクタリングは社長がブラックリストかどうかは関係がない

社長がブラックリストでも会社で融資を受けるための具体的手段のまとめ

以上、社長がブラックリストでも会社で融資や資金調達ができる具体的な手段についてまとめますと次のようになります。

まとめ

・社長がブラックリストであることがわかれば原則として銀行は会社に融資は行わない
・ビジネスローンは銀行よりも審査基準が低いために社長がブラックリストでも融資が受けられる可能性がある
・またファクタリングは売掛債権の売却であり社長がブラックリストであるかどうかは基本的に関係がない

多くの事業者に利用されているビジネスローン

1.歴史が長い安心のビジネスローン
歴史が長いビジネスローンで多くの中小企業や個人事業主が利用している安心のビジネスローンです。

2.【GMOあおぞらネット銀行 あんしんワイド】
大手のGMOグループが運営するビジネスローンです。 カードローンタイプ型で必要な時に繰り返し利用が可能で、随時返済で利息が節約できます。

3.保証人不要の事業資金
保証人が不要でネットで完結できるビジネスローンです。

-銀行融資の基本, 融資審査マンの見方
-