融資を受けている銀行から確定申告の提出を求められました

ホーム銀行とのつきあい方>融資を受けている銀行から確定申告の提出を求められました

銀行は融資した後も融資先の業況の管理を行います。
銀行は融資した資金を最後まで回収することが大切ですから、融資先の業況がどうなっているかを定期的に確認します。
その業況管理でもっとも大切なのは、定期的な決算書(個人の場合は確定申告書)の徴求です。
これは融資の返済がきちんと行われているか、あるいは延滞しているかに関わらず、お願いする事柄です。





では提出を求められた側は決算書(確定申告書)を提出しなければならないのかというと、必ずしもそうではありません。
提出しないからといって融資が引き上げられるということも、きちんと返済している限りはありません。
しかし提出しない場合、融資を受けている銀行との信頼関係は失ってしまうことになります。
実際のところ、大半の融資先は銀行からの求めに応じて決算書(確定申告書)の提出をいただいています。

銀行というところは情報開示に非協力的な取引先とは取引を深くしようとは考えません。
むしろ取引を解消する方向に考えます。
途中で追加融資の申し出があっても「都合の良い時だけ決算書(確定申告書)を出す先」と考え、融資を断る方向で考えるものなのです。
現在の銀行と今後も取引を考えているのであれば、積極的に情報提供を行ってください。
そうすれば銀行からの信頼度もアップし、銀行から融資提案などを受けることも出来ます。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

◆売掛金を利用した事業資金調達
赤字決算などの理由で銀行融資がスムーズに受けられず資金調達に困った場合には、ファクタリング、つまり売掛債権の譲渡による資金調達方法があります。 これは大手企業でも取扱をしている方法であり一般的な資金調達手法です。
事業資金調達なら【ジャパンマネジメント】

トップ・マネジメントのファクタリングでつなぎ資金調達