信用金庫から保証協会の長期借入金があり、ここ3ヶ月は返済が滞っています

ホーム信用保証協会保証付融資Q&A>信用金庫から保証協会の長期借入金があり、ここ3ヶ月は返済が滞っています

質問
信用金庫から保証協会保証付の長期借入金があります。
資金繰りが厳しく、ここ3か月ほど返済が出来ていません。
この先、どのようになっていくのでしょうか?





回答
信用保証協会保証付の借入金の返済が3ヶ月延滞すると、信用金庫から信用保証協会に事故報告書の提出が行われます。
事故報告書というのは融資先の異常事態を金融機関から信用保証協会へ連絡する手段ですが、実務上は信用保証協会への代位弁済請求のスタートと言えます。

事故報告書の提出後は信用金庫と信用保証協会との間で話し合いが行われて、基本的に信用保証協会による代位弁請求の手続きに入っていきます。
つまり融資という債権が信用金庫から信用保証協会に移転します。
その後の返済請求は信用金庫からではなく、信用保証協会から行われます。
代位弁済が行われますと、少なくとも信用保証協会宛に完済しない限りは新規の信用保証協会の利用は出来なくなります。
事実上、信用金庫や銀行などすべての金融機関からの借入が不可能となります。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

◆売掛金を利用した事業資金調達
赤字決算などの理由で銀行融資がスムーズに受けられず資金調達に困った場合には、ファクタリング、つまり売掛債権の譲渡による資金調達方法があります。 これは大手企業でも取扱をしている方法であり一般的な資金調達手法です。
事業資金調達なら【ジャパンマネジメント】

トップ・マネジメントのファクタリングでつなぎ資金調達